征服かリフォーム
ホーム > 健康 > 社会人サッカーをしていますが、体力が無くて困る...

社会人サッカーをしていますが、体力が無くて困る...

表題のとおり、私は社会人サッカーをしていますが、体力が無くて本当に困っています。
サッカーが好きだという情熱は誰にも負けないつもりですが、やはりそんなサッカーであっても体力が無いことには良いプレーは出来ません。

最近では久保選手が有名になっていますが、日本代表に選ばれる選手は、サッカーが上手いということはもちろん大事なのですが、しかし、それ以上に体力があるということも大切になって来ます。


私はサッカーをしていますから、本当にこれは身をもって実感しています。


たとえば、点を取るには敵陣に攻め込まなければなりません。

フィールドはかなり広いですから、その中を走り回るのはきついですが、でもゴール前に詰め寄らなければ点は取れません。


敵のキーパーも上手いですから、普通にシュートしてもかなりのキック力が無ければゴールできません。

で、プロのサッカーを見ていてもわかりますが、サッカーはセンターリングでボールをあげて真ん中のプレーヤーと連携して点を取ったりします。

こういうスタイルでボールをゴールに押し込むという形で点を取るスポーツです。


やはりブラジルなんかの強いチームを見ているとセンターリングに対して2人も3人もカバーリングに上がっています。

そうすることによってこぼれだまを拾ってシュートを決められ強いチームとなっていくことが出来ます。


自分たちのチームは弱いのですが(笑)
なぜ弱いのかといわれると答えは簡単で、体力が無いからです。

年って事もありますが、もっと深堀すると体力のなさです。


やっとセンターリングしたボールに誰も追いつけず、フォローも居ないとなればなかなかゴールは決まりません。

サッカーにおいては体力がどれだけ大事かって事がこれでわかると思います。


まぁ、サッカーだけではないですね。

スポーツでよい結果を残したいのなら、体力づくりは必須です。

バスケの八村塁選手もすごいですね。


バスケは狭いコートで走りっぱなしですから、本当にハードなスポーツですよ。

体力が無い人は、本当に、まずは競技抜きにして、体力づくりからはじめることをおすすめします。


体力づくりの方法は、下記サイトなんかが参考になりますよ。