征服かリフォーム
ホーム > 生活 > 打合せに遅れそうで手汗を掻きながら携帯を握りしめた

打合せに遅れそうで手汗を掻きながら携帯を握りしめた

先日の話しですが、朝一番から仕事の大切な打合せが入っていました。私は、朝その打合せに間に合うように起きて、家を出ました。良かった、まだ十分に時間がある、と駅近くのコンビニで栄養ドリンクと、朝食を摂っていなかったので、パンを買ってコンビニを出ました。

電車に乗ろうと改札に向かっていると、駅員のアナウンスが聞こえてきました。人身事故が発生し、電車が遅れていると言うのです。もうビックリ。大事な打ち合わせに間に合わないとかなりの焦り様で、同行する予定の上司に連絡をとろうと試みたのですが、携帯が繋がらず。

手汗を掻きながら、携帯を握りしめていました。その何分か後に、上司と無事連絡が取れましたが、やはり打合せに間に合わないと宜しくないとのこと。必死でタクシーを捕まえ、急いで現地に向かいましたが、タクシーに乗っている間も手のひらの汗はおさまらず。

やっとのことで現地に到着したのは、打ち合わせ3分前。もっとちゃんと準備もしたかった...と思いましたが、間に合っただけでも良かった!サラリーマンの方なら経験ある方も多いと思いますが、もうこんな経験はしたくないです。

手のひらの汗の緊張した時の対策